作詞家
新潟市生まれ
中央大学文学部史学科国史学専攻卒
射手座
B型

1980年、“いわさきゆうこ”の名でシンガーソングライターとしてデビュー。
1983年、“岩里祐穂”にペンネームを改め、堀ちえみ「さよならの物語」で作詞作曲家デビュー。
作曲名“岩里未央”は、作曲家三浦一年氏との共作名である。1988年より、作詞に専念。
1989年、今井美樹に提供した「瞳がほほえむから」がランクイン50週のロングセールスを記録。
1991年、「PIECE OF MY WISH」今井美樹)がオリコン週間1位を獲得、ミリオンセラーとなる。
1994年、「Miss You」今井美樹)もオリコン週間1位。また「雨にキッスの花束を」「半袖」などの楽曲は、アルバム作品でありながらスタンダードとして長年歌われ続けている。
1993年、朝ドラ主題歌として中山美穂「幸せになるために」を作詞。
1996年、坂本真綾デビュープロジェクトに「約束はいらない」の作詞で参加。続く2ndアルバム「DIVE」ではリリックプロデュースも務めた。その後、布袋寅泰、菅野よう子ら多彩なプロデューサーと組んで多くの作品を発表。
2000年代に入り、ハロプロのロックアイドルユニットBuono!「ホントのじぶん」「恋愛ライダー」「ロッタラロッタラ」ほかを提供。アニメ「マクロスF」「魔法戦隊マジレンジャー」「轟轟戦隊ボウケンジャー」「海賊戦隊ゴーカイジャー」主題歌など、幅広い分野に活動を広げる。
2008年、「創聖のアクエリオン」でJASRAC賞銀賞を受賞。
2010年代では、代表作として、ももいろクローバーZ「サラバ、愛しき悲しみたちよ」ももいろクローバーZ vs KISS「夢の浮世に咲いてみな」Sexy Zone「君にHITOMEBORE」「Cha-Cha-Chaチャンピオン」中川翔子「ドリドリ」など。
2016年、作詞生活35周年を記念した2枚組CDアルバム「Ms.リリシスト」をリリース。同年10月、シンガーソングライター時代のアルバム「マジカル・リキュール」(いわさきゆうこ)もリイシュー&CD化。
また、<岩里祐穂presents「Ms.リリシスト〜トークセッション」>と題し、作詞家同士の深掘りトークライブを5回に渡り開催。ゲストに高橋久美子、松井五郎、ヒャダイン、森雪之丞、坂本真綾を迎えた。
2017年、JUNNA「Here」が各配信サイト・デイリーで首位10冠を達成。アニメ「魔法使いの嫁」主題歌に起用され、スマッシュヒットを記録した。
2018年、対談集「作詞のことば 〜作詞家どうし、話してみたら」を出版。
2020年、アニメ「マクロスΔ」の歌姫ユニットであるワルキューレ「未来はオンナのためにある」がオリコン、Billboard両チャートにおいて週間1位を獲得。

そのほか、新垣結衣、松たか子、西川貴教、布袋寅泰、上白石萌音、A.B.C-Z、メレンゲ、福山潤、花澤香菜、水樹奈々、水瀬いのり、Negicco、鈴木愛理、上野優華、COALTAR OF THE DEEPERS、小泉今日子、植村花菜、TeddyLoid、田原俊彦、May’n、新妻聖子、中森明菜、傳田真央など、ジャンルを越え多数のアーティストに精力的に作品を提供し続けている。